車窓に肘をかける笑顔の女性

さまざまな医療機関の中でも歯科医院を苦手とする人は多数派です。 そうした人達の多くは、治療の際の神経にさわるような音と実際の痛みを、苦手理由に挙げます。 確かに一昔前の歯科医院ではそうした苦痛はつきものでしたが、近年ではだいぶ事情が変わっています。 まず、医療技術そのものが進歩しているので、昔のように苦痛を伴う治療は激減しています。 加えて、歯科医や衛生士の患者に対するサービスの質が格段に進歩しています。 患者の立場で治療をしてくれるので、患者としては不必要に痛みを我慢する必要がなくなりました。 ですから歯の不調を感じたら、痛みがひどくなるまで我慢したりせずに速やかに受診するのが最善です。 それが痛みを感じることなく、歯科医院と良い関係が保つ方法です。

病院といえば、普通は患者に不具合が出た時に受診するところです。 同じように歯科医院も、歯や歯茎や口腔内に不調が出てはじめて診察を受けると考えている人が多いです。 しかし、それは少しもったいない考え方といえます。 歯科医院はどこも悪くなくても利用できるからです。 まず歯の定期検診を受けることができます。 この時まだ痛くなっていない虫歯が見つかれば、ほとんど痛みを感じないで治療可能です。 また、虫歯がなくても歯のメンテナンスを受けることができます。 歯の隙間や奥歯など、自分では磨ききれないところの歯垢などをきれいにクリーニングしてくれます。 歯科衛生士による歯磨きの指導などを行なっているクリニックもあります。 このように歯科医院と積極的に付き合っていくなら、歯の健康に大いに役立ちます